瓦屋根の特徴と雨漏り【茅ヶ崎市】

昔ながらの日本瓦は何でできているか知っていますか?粘土でできているのです。そして、日本瓦は、釉が塗られているかどうかで「釉薬瓦」と「無釉瓦」に分けられます。無釉瓦の中でよく用いられるのは、松材や松葉でいぶして作る「いぶし瓦」と赤い色が特徴の「素焼き瓦」です。

瓦屋根 部分破損

《瓦屋根での雨漏り原因と対処》

瓦屋根での雨漏りには、いくつかの原因があります。

 

その1 瓦や棟瓦のズレや割れ

瓦屋根の一般的な構造は、瓦の下に防水シートが貼ってあります。そして、瓦にずれや割れなどが起こった場合、防水シートがむき出しの状態になってしまいます。

 

やがて経年劣化などで防水シートが劣化してきた場合、穴があいたりして、そこから雨水が侵入することになります。

 

また、棟瓦を支えている粘土が経年劣化でボロボロになってしまった場合は、そこからズレが発生してしまい雨漏りの原因になります。

 

その2 雨樋の詰まり

多くの方が見逃しがちですが、雨樋の詰まりは雨漏りにつながります。雨樋が詰まると、雨水が屋根から地上にはけず、そのまま溜まってしまいます。下に流れることができなかった雨水は瓦の隙間から屋根の内部に侵入します。そして、屋根内部を傷ませ、天井からの雨漏りを起こします。

 

瓦のズレ、割れなどの雨漏り原因はないか、日頃から意識して屋根をみて確認しておく必要があります。雨漏りしてしまう前に、瓦の交換や葺き替えなど、修繕やメンテナンスを行いましょう。

家はとても高価な買い物です。なるべく経年劣化をしないよう、雨漏り対策やメンテナンスは定期的に行い、雨漏りを防止しましょう。もし、大切な自宅が雨漏りをしたら、その本来の価値を取り戻すまでに、時間と気力やお金を使うことになってしまいます。

 

今現在、ご自宅の雨漏り修理をご検討の際は、まずは、長年茅ヶ崎市の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへご連絡ください。私たちは、まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。