防水シート劣化により雨漏り発生《江東区 O様邸》

江東区にお住まいのO様より、雨漏りをしているとご依頼を受け早速調査に行って参りました。
細かいところまで確認し、屋根を剥がし防水シートを確認したところ・・・
防水シート劣化防水シート酷く経年れっかよにより傷んでおり、防水の役割を果たせていませんでしたsweat01.gif
実はO様邸は、築30年以上になりますが1度もメンテナンスをしていなかったのです。
従って、屋根自体にもかなりの損傷が何か所も確認されました。

「防水シート」というと、それだけで水をはじいて雨を防いでくれると思われるかもしれませんが、実は屋根の隙間から染み込んだ雨水を屋内まで浸透させず排除するためのものなのです。
屋根のサポートをしている感じです。
単体では高い防水効果を持つものではないのです。

また、防水シートの他の部位に比べて寿命は長く、経年劣化したために交換するケースはほとんどありません。
しかし、屋根材自体に割れ、欠け、ひびが入り、防水シートが剥き出しになってしまった場合は今回のようなケースになります。
長い間、じわじわと屋根から入り込んだ雨水により防水シートはみるみるうちに傷んでしまい、簡単に雨水の浸入を許すようになってしまいます。
こうなってしまうと、きちんと直さなければ何度修復を行っても雨漏りが再発することになってしまうのです。

屋根材の特性や弱点・寿命をある程度把握しておき、定期的に補修などのメンテナンスを行うことが、雨漏りを起こさないために重要なのです。