水の逃げ道がなく雨漏り>新宿区T様邸

雨漏りは、浸水している真下に発生するとは限りません。
下から上へあがって行く「毛細管現象」が起こる場合もあるのです。
水が入ったコップにストローをさした時、ストローの中の水が少しだけ上がっていく現象を
思い浮かべていただければ分かりやすいかもしれません。
屋根材のつなぎ目部分にこの毛細管現象が起こると、雨水が入り込んで内部まで侵入し、
雨漏りが発生してしまいます。

T様邸でも2階の廊下天井部分に雨漏りが発生してしまいました。
屋根材同士が隙間なくピッタリ重なっていたため、毛細管現象が起こり水を吸い上げてしまったのです。
水は重力に関係なく、隙間さえあれば自在に動けるのです。
通気を保ち、水の逃げ道を作って正しく改修すれば雨漏りの心配はなくなります。

146_CIMG0740

『次は雨漏りしないかもしれない』…と考えるお客様は非常に多いのですが、
一度雨漏りしてしまうと、そこが道しるべのようになり
次に雨が降った時にまた同じ所を流れて浸水します。
雨漏りを発見したら、早めに対処するほどコストも抑えられます。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。