雨漏りの原因は窓の上に>日野市E様邸

また関東で雪が降る予報が出ていましたが、今のところ降水確率は低いようですね。
前回雪が降った時の事ですが、E様邸でサッシから雨漏りが発生したため、
サッシメーカーに連絡して、サッシの不具合を見てもらったという事ですが、
不具合は見つかりませんでした。
それでも雨漏りが止まらず、もう1度サッシメーカーに連絡したところ、
窓枠のコーキングをやり直した方がいいとアドバイスされたそうです。
疑問に思ったE様からご相談を受け、現場調査に伺う事になりました。

145

窓枠は雨漏りの跡が残っていましたが、窓と外壁のつなぎ目にヒビや劣化は見受けられません。
窓枠からの雨漏りの場合サッシの不具合を疑いますが、浸水はそこからとは限りません。
原因は窓上部に付いているシャッターボックス内に入った雨水でした。
防水テープが浮いている場所からの浸水です。雪の影響でテープの粘着が弱くなっていました。

雨漏りの原因が分からないままのコーキングは、一時しのぎなので避けた方がいいです。
調査の邪魔や2度手間になってしまうなど、まったく意味がない出費になる場合もあります。
まずはどこから浸水しているのか、原因をひとつひとつ探していく必要があります。
雨漏りに関して少しでも疑問に感じる事があったら、ぜひ我が社にご相談ください。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご連絡ください。