雨樋が壊れる原因とは?【府中市】

府中市でも今年は大雪が降りましたね。皆さまのお家は雨漏りなど大丈夫でしたでしょうか。
私どもLOVE STYLEには、あの大雪以降、雨樋の修理のご依頼を数多くいただいております。

今回は、雨樋が修理が必要になってしまう原因をご案内いたします。お心当たりのことがないか、ぜひチェックしてみてください。

雨樋の役割

【雨樋の役割】

雨樋はどんな役割を果たしているかご存知でしょうか? 雨樋は、雨水が建物に入り込み、内部を腐食させることを防ぐという大切な役割を担っています。

 

雨樋がなかったとしたら、雨水は屋根の軒先から外壁に直接滴って、外壁の内部を腐食させてしまいます。壁の内部で腐食が進むと、雨漏りだけでなくカビやダニが発生したり、シックハウス症候群の要因などになってしまうことがあります。

 

また、屋根から雨水が直接落ちて、地面に水が溜まることにより、水たまりが建物の基礎を不安定にさせる可能性があります。そうなった場合、ご自宅の老朽化が早まってしまいます。

 

つまり、雨樋が壊れているのにそのままにしておくと、最悪のケースでは大規模改修工事をすることになってしまうのです。

 

【雨樋が壊れる原因】

雨樋が壊れる原因は、主に下記の5つです。

  1. 風で飛んできたゴミ(落ち葉など)が詰まっている
  2. 雨樋が適正な傾斜ではない
  3. 築年数による経年劣化
  4. 雨樋の継ぎ手に隙間があいてしまっている(経年劣化・職人の技術不足など)
  5. 風や雪など天候による破損

 

ひとつでもお心当たりがある場合は、専門業者による診断をおすすめいたします。まずは、長年府中市の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへご連絡ください。私たちは、まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。