不動産取引で水害リスクの説明が義務化されます【鴨川市】【木更津市】【鋸南町】屋根補強、屋根補修、屋根葺き直しは今のうちに。災害に強い家をつくりましょう。

災害が来る前に屋根改修 屋根葺き直し 

不動産取引でついに水害リスクの説明が義務付けられることとなりました。
台風などで浸水被害が拡大していることを受け、国土交通省はハザードマップの
浸水想定区域について不動産取引で契約前に業者が購入者に重要事項として
説明するよう義務づける方針を固めました。今後は宅地建物取引業法の
省令も改正されます。

宅地建物鳥筆記業法では土砂災害や津波の災害警戒区域については、契約前に
重要事項として説明することを不動産業者に義務付けているのですが、洪水の
浸水想定は地価の下落を招く懸念や国の基準に基づいたハザードマップの
作成が自治体側で追いついていないなどの理由から対象外とされていたんです。

水害リスクの説明が義務化されることで、今後は地価に変動があったり、
人気のエリアもこれまでとは変わってくるかもしれませんね。

災害対策してますか?
屋根は目に見えない部分のため気づきにくいのですが、 四六時中、自然環境に
さらされておりダメージを受けやすいところ。知らぬ間に損傷してることも。
弊社では屋根調査にドローンを活用しているため、ドローン画像で 一緒に確認
しながら今後の補修計画を立てられます。屋根がメンテナンスされて いないと、
台風や梅雨で被害が 拡大し、それからの修理だと大がかりになってしまいます。
気になる方はまずは屋根調査し、悪いところがないか調べてみませんか。
雨漏り修理や屋根改修、屋根の葺き直しをすでにご検討の方もお早めにご連絡
いただくことをおすすめします。まずは下記までお気軽にお問合せください。
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com
フリーダイヤル 0120-494-978

PAGE TOP