ビス穴の問題を考慮した雨漏り修理 -2- (世田谷区)

昨日のブログの続きになります。
知り合いの工務店では、19年7月以来、2棟の戸建て住宅でAHPCⅡ
をパラペットの天端に導入しました。
採用した理由について次のように説明していました。
「最近は暴風雨が増えているので、パラペットの雨仕舞には気を
使っている。笠木と壁の隙間から風に吹き上げられた雨水が浸入しても
天端にビス穴がなければ壁体内への浸水リスクを低減できる。
その点が気に入り採用に至った。」
施工手順は以下の通りです。まずは、パラペット天端の屋内側に
換気部材をビスで下地材に留めつけます。同様の手順で、屋外側にも
換気部材を取り付けます。続いて、天端に両面防水テープを貼ってから、
その上に緩衝材を置きます。緩衝材には2つの役割があります。
1つは、踏み台にされても潰れないように強度を高めること。
もう一つは内側に傾斜をつけて、雨水が内壁側に向けて落ちるように
すること。外側に落ちると、シャッターボックスサッシの上端部に
落ちて音が発生するのです。最後に笠木を上から被せて側面からビスで
固定します。知り合いの工務店は、「換気部材を側面からビス留めするとき、
下から見上げるような少し窮屈な姿勢になるが、それ以外は特に
戸惑うことはなかった。慣れればもっと早く作業できるだろう」と
話していました。
AHPCⅡには、幅105mmの下地木材に対応した「105タイプ」と
幅120mmに対応した「120タイプ」の2つが用意されています。
AHPCⅡの施工金額の目安は、1m当たり材工込みで約1万1000円。
出隅部分は1か所当たり7000円です。例えば面積64㎡(8m四方)で
三方パラペットの屋根に導入すると、工事費は材工込みで約28万円に
なります。

ビス穴2

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP