紫外線による劣化で屋根修理(港区)

毎日の暑さや強い日差しにうんざりしますね。紫外線は浴びすぎると人体に良くないですが、
屋根や外壁にとっても同様なのです。雨風や気温差もさることながら、紫外線による
害も侮れません。紫外線によって塗膜がまず劣化が進みます。そして、チョーキング現象、
色褪せ、塗膜のひび割れなど次々に生じてきます。こうして塗装が劣化することで、
建物本体にダメージが伝わり、いくいくは雨漏りが起こることになります。
そうすると、塗装だけでおさまる問題ではなくなり、大掛かりな修繕が必要に
なり、費用も膨大に膨れ上がることも少なくありません。
港区のS様は、屋根に錆びが目立つようになってので塗り替えを依頼されました。

紫外線劣化屋根

一般的に塗装の目安となる現象を挙げてみます。
・汚れ、色あせ
・錆びの発生
・チョーキング現象
(チョーキング現象とは、外壁の劣化現象の1つで、手に白い粉が付く現象です。)
・コケ、カビの発生
・ひび割れ(クラック)の発生
・塗膜の膨れやめくれ
塗り替えに限らず、何事も「雨漏り」が起こってしまう前に、定期点検することで、
費用や、手間を大幅に軽減することができます。