雨漏りしない中古物件を購入するために バルコニー 【府中市】

中古の住宅を購入する際、当然、いろいろなところをチェックしてから購入する方がほとんどです。しかし、つい忘れがちな箇所があります。それは、バルコニーです。家の中はしっかり確認しても、つい外なので見落としがちになってしまいます。今回は、バルコニーの雨漏りのチェック方法についてご案内いたします。

手すり

最近のデザインの傾向として、玄関ポーチの上がバルコニーのような形になっているものが多いです。この場合は、人が乗れるスペースではないので、より目につきにくく、雨漏りの発見が遅れてしまいます。排水溝に落ち葉がたまって詰まってしまったとしても気付けないので、実害があって初めて気づくパターンも多いです。

 

敷地内に大きな木があったり、近所から風に乗って葉っぱが飛んできたり、という環境の場合は排水溝に落ち葉がより溜まりやすくなります。家の敷地内だけでなく、周囲に公園や並木道や学校など、大きな木がたくさん生えているかどうかも確認したほうがよいでしょう。

 

また、落ち葉の予防措置として、排水溝のまわりにネットを被せてしまう方がいますが、余計に排水溝に葉っぱが流れづらくなり、かえって雨漏りしやすくなります。大雨の際にバルコニーから水が一気に溢れ出して、下の階を汚してしまう、という事例もあります。中古住宅を見学に行った際は、バルコニーの下の階の壁紙に雨染みがないかを確認してみてください。

家はとても高価な買い物です。なるべく経年劣化をしないよう、雨漏り対策やメンテナンスは定期的に行い、雨漏りを防止しましょう。もし、大切な自宅が雨漏りをしたら、その本来の価値を取り戻すまでに、時間と気力やお金を使うことになってしまいます。

 

今現在、ご自宅の雨漏り修理をご検討の際は、まずは、長年府中市の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへご連絡ください。私たちは、まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。