和風の建物を生かした屋根修理>足立区I様邸

I様邸は日本瓦の屋根ですが、築36年という事もあり老朽化が進むにつれて
耐震リフォームを考えるようになったという事で、ご相談いただきました。
そこでご提案したのが屋根の葺き替えです。日本瓦という事で建物の頭が重くなり、
建物全体にかかる負担を軽減するためです。
I様邸では瓦の形をしたガルバリウム鋼板に決められました。
重量も日本瓦の10分の1になり、純和風の建物の雰囲気を壊さずに葺き替えができます。

148

屋根材選びは、それぞれの特徴をふまえて選ぶ事が大切です。
ガルバリウム鋼板、スレート、瓦が現在の主な屋根材です。

■ガルバリウム鋼板
アルミニウム・亜鉛・シリコンからなるメッキがついた鋼板。
耐久性に優れているうえに丈夫です。
屋根材の中では最軽量で施工しやすいので、どのような形状にも対応できます。

■スレート
合成繊維とセメントを混ぜ、薄い板状にし表面を塗装したもの。
軽量のうえカラーも豊富で、和洋どちらの家にも合います。
性質上、割れ易く塗装が剥げやすいので定期的なメンテナンスが必要です。

■瓦
粘土を焼いたもので日本では古くから使用されています。
退色もなく耐久性に優れています。
重量がかなりありますが、瓦自体のメンテナンスは少なく済みます。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。