屋根の雪、備えあって憂いなし!【府中市】

今朝、日課のウォーキングで大国魂神社の前を通ったら、雪がまだかなり残っていました。
府中はまだまだ底冷えの寒さが続きそうです。

雪が降った後は道路が凍結して、歩くとツルツル滑って怖いですよね。
屋根の上も、道路と同じく、雪が降った後は凍結しています。
そして、屋根の凍結は、家屋全体に良くない影響をもたらします。

まず、雨樋が凍って上手くはけきらなかった水が屋根や外壁の隙間から室内に漏れてしまいます。

雪おろし

室内に入り込んだ水は、家を支えている大切な柱の木材を腐食させ、住宅の耐久性を著しく低下させてしまいます。慢性的な湿気がカビを生やし、最悪の場合シックハウス症候群を発症させる可能性もあります。
特に小さいお子様がいるお家は、カビや湿気は心配ですよね。

このように、雪による雨漏りはその時に大変なだけでなく、何年も続く二次被害のリスクを引き起こしてしまいかねません。

もし、ここが雪国であれば、屋根全体をヒーターにしたり、屋根材を雪に強い金属屋根にすることをおすすめしたでしょう。でも、四年に一度くらいしか大雪が降らない府中市では、それはなかなか難しいことですよね。

そこでおすすめしたいのが、屋根を定期的にメンテナンスすること、少しでも雨漏りがしたらすぐにプロの判断を仰ぐことです。

LOVE STYLEはその場の雨漏りだけでなく、より長くご自宅を使っていただけるような修繕をご提案させていただきます。また、雪の日に屋根の上に登るのは大変危険な作業です。私どもにご用命いただければ屋根の雪かきをしてから作業をさせていただきます。

ぜひ、お気軽にご相談くださいませ!