バルコニーからの雨漏り対策(港区)

バルコニーの防水工事は具体的にどのようにするのか?と港区のW様から
質問をうけました。バルコニーは、屋根と違い平らで落ちる心配もないことからしばし、
ホームセンターで材料を購入すればDIYできるのではないか?と考える方が少なくないのです。
しかし、意外と技術が必要な部位ではあります。その理由を今からご説明します。
最近多いプラスチック製のバルコニーに多い現象なのですが、夏と冬で伸び縮みします。
夏の暑い時期は膨張し、冬場は縮むのです、ですから、普通に塗装するのでは、
剥がれる可能性が高いのです。なので、プラスチック用のプライマーで下塗りした上で、
伸び縮みに対応できる塗料で上塗りをする必要があります。

バルコニー

バルコニー塗装工事は、元々防水工事を施してある場合は高圧洗浄を行ってから行います。
まずヒビや亀裂が入っている個所を補修。ところが、何も防水を行っていない
バルコニーですと、まず、ウレタンを塗って、ガラスクロスシートを貼って乾かすという工程を
3回行う必要があり、費用と工程が何倍にもなってしまいます。防水剤は基本的に取扱いが難しいです。
例えば主剤と硬化剤を混ぜる2液性塗料の場合、混ぜる分量を少しでも誤ると、
硬化不良を起こす可能性があります。また、季節によっても防水塗料の硬さが変わるので、
以上のような諸々のことを考えると、プロに頼むのが安心です。