足立区で太陽光パネル設置前の屋根修理

地球温暖化に始まり異常気象や自然災害、
新型コロナウイルスも大きく関係し、
ここ1~2年は特に自然環境や省エネについて考える方が増えました。
2011年の震災以降、屋根リフォームの際に太陽光パネルを取り付ける住宅も増えました。
エコの他にも余った電力を電力会社に買い取ってもらえるなど、
今後も太陽光パネルを設置する住宅が増えていく事が予想されます。

1425

足立区N様邸でも今年は太陽光パネルを取り付けたいとご検討中です。
設置前には屋根の調査が必要になります。
パネル設置後から雨漏りが始まったというご相談もいただきますので、
雨漏りの可能性がある場合はまず修繕から取りかかります。
また太陽光パネルは全ての住宅の屋根に設置可能というわけにはいきません。
重量に耐えられる強度があるか調査する必要があり、
強度が十分でない時には野地板の交換から始めます。
太陽光パネルを設置後は定期的なメンテナンスが必要です。
また屋根塗装の際にはパネルの下だけ色が変わってしまうのを避ける事と、
屋根材の不具合を確認するためにもパネルを外す事をオススメします。
太陽光パネルより屋根材の劣化が先に来てしまうと、
一旦パネルを外してメンテナンスをしなくてはいけません。
再設置に費用がかかりますので屋根調査は必ずしておきましょう。

★屋根の葺き替え・屋根改修をご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP