屋根に劣化が見え、スレート屋根に葺き替えました。

スレート屋根
保土ヶ谷区O様から連絡があり、屋根材の
劣化が目立つので、葺き替えをしてほしいとの依頼がありました。
O様の屋根はトタン屋根です。たしかに劣化が見られ、はがしてみると心木が
ボロボロに。。。取り除き、野地板の上にアスファルトルーフィングを敷き、
屋根材を敷き詰めました。今回屋根材はスレート材への葺き替えをすることになりました。

スレート屋根の特徴は耐久性、耐火性、耐熱性、耐腐食性に優れ、デザイン性が高い
ことが挙げられます。また価格が安価なため、近年人気の屋根材です。
他に人気のガルバリウム鋼板と比較しても耐熱性、遮音性、耐塩性に優れています。
スレート屋根は定期的な塗装が必要です。目安としては10~15年程度ですが、
環境により一概には言えませんので、下記のような外観上の変化を目安にすると
いいでしょう。塗装時期の目安として、色あせ、色むら、塗料剥げ、ひび割れや
ズレなどが見られたときは塗装を検討しましょう。

屋根点検や塗装のタイミングについてもアドバイスさせていただきますので、
気になる方はお気軽に下記までご相談ください。
メールアドレス https://lovestyle-tokyo.com/
フリーダイヤル 0120-494-978

PAGE TOP