定期的なメンテンナンスが屋根の寿命を延ばします

瓦屋根のメンテナンス
戸塚区のO様から屋根の葺き替えを検討したいと連絡がありました。
O様の家は築年数が50年近く経っている瓦屋根の戸建てです。
新聞やネットなどで、日本瓦の平均寿命が50年前後と知り、今まで
メンテナンスを一度もやってこなかったことから不安になったそう。

瓦は日本に古くからある、気候や日本の風土に合った屋根材と言えますが、
屋根の形状や環境によって50年といわれる寿命が縮まることがあります。
実は水分に弱く、屋根の形状が複雑だったり、雨の多い地域だと滞留した雨水が
瓦を腐食させ、寿命が短くなってしまいます。また風の影響も受けてやすいので
高台に位置する家などは風が強く、屋根が損傷しやすく、特に頂上部分の棟板金は
強風で浮きやすくなります。

昨今は異常気象が多く、ゲリラ豪雨や台風などの被害も甚大になってきています。
長寿屋根にするためには定期的な補修が必要となります。
棟板金の交換修理や漆喰の塗り替え、屋根材のズレや割れ、浮きの直しなどです。
お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。
フリーダイヤル 0120494-978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com

PAGE TOP