塗り替えの目安となる兆候を見逃さないようにしましょう。

前回、塗り替えの目安として、外壁6〜15年、屋根6〜10年というお話をしましたが、
他にも塗り替えのタイミングの目安となる兆候がありますので、
今回ご紹介します。

その兆候とは、チョーキング・反り・ひび割れ、雨樋の劣化などです。
チョーキングとは壁の表面んを手でこすると白い粉上になっている白化現象のことです。
チョーキングの後には反りが発生し、反りによってサイディングが縮み、
ひび割れも発生します。また雨樋は平均7〜10年で劣化するといわれています。
雨樋自体は塗装には適していませんが、素地のまま放っておくと劣化してしまいます
ので、塗装しておくことをおすすめします。
このような兆候が見られましたら、塗り替えを検討してみるといいでしょう。

建物の塗装のメンテナンス費用、塗り替え費用がきになるという方、
塗装方法でお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/
フリーダイヤル 0120-494-978

PAGE TOP