屋根修理[湿気?雨漏り?]>中野区

冬本番になり、外との気温差が気になる季節になりました。
中野のお客様から、窓付近が湿っているのは湿気なのか雨漏りか分からないので、
調査して欲しいとご相談いただきました。
場所は1階の出窓付近で、付近の壁紙も湿気がありました。

出窓上の屋根を調査したところ経年劣化が見られ、雨水の侵入が見られました。
防水シートの劣化もあり、シーリングと防水シートの張りかえを行いました。
既存の屋根は、雨漏りする原因によくあがってくる緩勾配でした。
緩勾配屋根は雨水がうまく排水されず、屋根に水が溜まって雨漏りの危険が高まります。
大屋根から落ちてきた雨水が、この下屋根に溜まっていました。
そこで少し傾斜をつけて水はけをよくします。

DSC_0043

お客様は、雨漏りかどうか分からない事で調査してもらうのは申し訳ないと思っていたそうです。
しかしプロに見てもらって不安が無くなったと、とても喜んでいただけました。
こんな所から?と思うような小さな庇、出窓屋根も雨漏りの危険性が隠れています。
小さい疑いが後に大きい成果になる事があるので、
雨漏りに少しでも不安があったら、早めにご連絡いただければ修繕も少なくすみます。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。