屋根修理[雨漏りと間違える結露]>足立区

12月に入り、今年もあと1ヶ月となりました。
足立のお客様から雨漏りのご相談を受け調査。
前に雨漏りした時に別の業者さんに屋根塗装をしてもらったそうですが、
雨漏りが止まらなかったという事です。
現場に伺うと2階の天井に雨染みが見られ、触ると湿り気があります。
調査の結果、雨漏りではなく屋根の結露によるものでした。

屋根塗装の際に、スレート屋根の重なりに作るはずの空気層の隙間が塗料で埋められていました。
気密性や断熱性を重要視すると、屋根裏に溜まった湿気を外に出せず空気の逃げ場を失って結露します。
結露は、内側と外側の温度差により発生します。
普段見えないのでイメージがわかないかもしれませんが屋根も結露します。
それは時に雨漏りと同様の形で現れます。

794

屋根塗装の際に縁切り、又はタスペーサーをしなかった事で
屋根裏に溜まった湿気を外に出せず空気の逃げ場を失って結露し天井に水染みとなって現れました。
雨漏りを止めるために施した塗装が雨漏りを誘発する結果になるとは皮肉な話ですが、
これも残念な事によく目にします。
ただ必ずしもタスペーサーが必要かと言えばそうではなく、現場を見てから判断します。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。