10月から始まる幼児保育無償化で現場は混乱しています。【保土ヶ谷区】安心して暮らせる家作りのため、まずは屋根を見直ししませんか。

PENTAX DIGITAL CAMERA

まもなく幼児教育・保育の無償化が10月から始まります。
すべての3~5歳児と低所得世帯の0~2歳児が対象で無償化が
始まりますが、制度の検討や周知は十分ではなく、現場では
混乱も起きています。

幼稚園が夕方まで行う「預かり保育」は無償化の対象となってますが、
無償化には幼稚園側の申請が必要で、無償化は園の判断次第となっています。
実際のところ、幼稚園にとって無償化の申請手続きは手間である上に、
無償化で利用者が増えると職員の増員が必要で人件費がかさんでしまう。
そのため幼稚園で無償化を辞退するような事態が各地で起こっています。

保育施設で昨年起きた死亡事故は8件。04年からの累計では198件もあり、
認定外施設の4割超が国の基準に違反するなど、安全性や保育の質で問題を
抱えおり、現場からは無償化よりも保育所整備や保育士の処遇改善で、
待機児童の解消を優先すべきだとの声も多いんです。無償化のために子供の
安全が危ぶまれることのないよう、しっかりと運営してほしいですね。

災害対策してますか?
屋根は目に見えない部分のため気づきにくいのですが、 四六時中、
自然環境に さらされており、 ダメージを受けやすいところです。
知らぬ間に損傷していることも。。 弊社では屋根調査に ドローンを
活用しているため、 ドローン画像で 一緒に 確認しながら 今後の
補修計画を立てられます。
屋根がメンテナンスされて いないと、 台風や梅雨で 被害が 拡大し、
それからの 修理だと 大がかりな 修理になってしまいます。
気になる方は早いうちに屋根調査し悪いところがないか調べてみませんか。