急速なキャッシュレス化により世界中でATM台数が減っています【保土ヶ谷区】災害に強い家作りは屋根強化から。

屋根調査 家屋調査 ドローン活用 

キャッシュレス化で後れを取っている日本ですが、先行している中国やアメリカでは
現金の出番が減り、銀行の個人向け業務にも変化が出ています。またATM台数も
減ってきており、中国では銀行の窓口業務もリストラが進み、支店も減ってきています。
人員のリストラも進み、現金なしの対応をスリム経営のきっかけにしています。
アメリカでも、銀行の支店が減り、ATMも減っています。また小売店や飲食店に
ある金融機関のATMは老朽化してきており、カードがICチップ対応に切り替わり、
ATMの更新コストもかさむためにそのまま撤去されるケースも増えています。

アメリカの現金決済は17年時点で3割ほどで、近年は少額決済でもカードを使う人が
増えており、ますます現金の出番は少なくなっています。また中国同様にスマホ決済も
広がっており、中には「現金お断りをうたう」飲食店も出てきています。

日本も追随してキャッシュレス化が進んでいますが、セブンカードの例もありますので、
中国やアメリカを参考に、セキュリティ対策を強化するなど安心して使用できる環境作りに
力を入れてほしいですね。

災害対策してますか?
屋根は目に見えない部分のため気づきにくいのですが、 四六時中、 自然環境に さらされており、
ダメージを受けやすいところです。 知らぬ間に損傷していることも。。
弊社では屋根調査に ドローンを活用しているため、 ドローン画像で 一緒に 確認しながら
今後の補修計画を立てられます。 屋根がメンテナンスされて いないと、 台風や梅雨で
被害が 拡大し、 それからの 修理だと 大がかりな 修理になってしまいます。
気になる方は早いうちに屋根調査し悪いところがないか調べてみませんか。