雨漏り修理[雨水の入口になった庇]>足立区

雨漏りというのは必ず原因があり、雨漏りになる入口と出口があります。
コーキングやシールに頼る雨仕舞いは雨漏りの可能性を作ってしまいます。
防水層はツギハギより一体成形にする、
水は高所から低所へ…が守られていないなど、
雨漏り修理をしていると、基本的な事がおざなりになっている現場というのも目にしてきました。
ひどい場合は、雨漏りしない方がおかしいだろうと思うような施工もありました。

今回は足立の雨漏り現場に調査に向かいました。
こちらでは窓枠からの雨漏りに困っているという事です。
原因は窓の上にある庇で、板金の劣化やサビ、施工不良によって雨水が侵入していました。
雨漏りになって現れたのはサッシ周りで、防水テープに浮きが生じていたため、
その隙間が水の出口となってしまったのです。

725_CIMG0498

私たちは、雨漏りに困っているお客様の立場になって一緒に考え、ご相談しながら、
それぞれのライフスタイルに合った方法を探していきます。
雨漏りは、その住宅に住んでいる方の生活を変えてしまいます。
心配で眠れない、いつ雨が降ってくるかストレスだという話もお聞きしました。
お客様に安心して生活していただくために徹底的に原因を探し、必ず雨漏りを止めます!

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。