企業がとる温暖化対策は。。。【保土ヶ谷区】災害対策で屋根補強しましょう 屋根点検 ドローン調査

知らぬ間に損傷している屋根 見えないところは点検を 屋根修理

ポテチショックを覚えてますか?
2016年8月に北海道に上陸した3つの台風の影響により、収穫前のじゃがいもが
被害を受け、2017年春にはポテトチップスを作る各社で原料のジャガイモが不足し、
スーパーの棚から一斉にポテトチップスが消えるという状況となりました。
このときの苦い経験を元に、これまでじゃがいもの約8割を北海道産に頼っていましたが、
産地分散することで気象対策になると考え、本州や九州でも契約農家を増やしたり、
使われていない水田の畑への転換を働きかけるなどして、新たな産地づくりも進めています。

環境省によれば、こういった対策をとっている企業はまだ少ないようですが、異常気象が日常と
なりつつある今、企業は災害による被害や原材料の調達、物流、投資などへの影響を洗い出し、
費用と便益を考えて対応をとる必要がありますね。

災害対策してますか?
屋根は目に見えない部分のため気づきにくいのですが、 四六時中、 自然環境に
さらされており、 ダメージを受けやすいところです。 知らぬ間に損傷していることも。。
弊社では屋根調査に ドローンを活用しているため、 ドローン画像で 一緒に
確認しながら 今後の補修計画を立てられます。 屋根がメンテナンスされて いないと、
台風や梅雨で 被害が 拡大し、 それからの 修理だと 大がかりな 修理になってしまいます。
気になる方は早いうちに屋根調査し悪いところがないか調べてみませんか。