温暖化が進む中で農業にも変化が生まれています【保土ヶ谷区】屋根補強するにはまずは屋根調査で現況確認しましょう

屋根点検 屋根修理 雨漏り対策 

世界平均を上回るペースで日本では温暖化が進んでおり、農業にも影響が
でてきているため、温暖化に対応しようと品質や収穫量を保とうとする動きが
広がっています。
気象庁によると、日本の平均気温は世界平均に比べても約1度上回っており、
19世紀末に比べると1.19度も上昇しています。国は温暖化への対応方針を示した
気候変動適応計画を作り、農作物の品質低下を軽減する技術開発をサポート
しています。例えばコメの分野では高温に耐えられる独自品種の開発が各地で
相次いでおり、広島県の奨励品種である「恋の予感」や富山県のコシヒカリを
超えるおいしさをうたう「富富富」が生まれています。
果樹の方でも対策が進んでおり、温暖化対策は作物だけでも広がってきています。
今後ますます技術革新を進め、進行が進む温暖化や異常気象にも対応できるように
進化していく必要がありますよね。

災害対策してますか?
屋根は目に見えない部分のため気づきにくいのですが、 四六時中、 自然環境に さらされており、
ダメージを受けやすいところです。 知らぬ間に損傷していることも。。 弊社では屋根調査に
ドローンを活用しているため、 ドローン画像で 一緒に 確認しながら 今後の補修計画を立てられます。
屋根がメンテナンスされて いないと、 台風や梅雨で 被害が 拡大し、 それからの 修理だと 大がかりな
修理になってしまいます。 気になる方は早いうちに屋根調査し悪いところがないか調べてみませんか。