台風の後の雨漏り修理【板橋区】

先日の台風の影響で、今もなお、自宅に帰宅することさえできない方が大勢いらっしゃいます。ご自宅が雨漏りトラブルに見舞われた方も多いのではないでしょうか。このような状況の時は、雨漏り業者は大変に混み合います。もちろんできる限り早くご対応させていただきたいという気持ちは皆同じだと思います。しかし、すぐに修理業者が駆けつけられないケースが多々あることも予想されます。
今日は、そんな時の応急処置の方法をいくつかご案内いたします。

突然の雨漏り

【天井の雨漏り】

雨漏りしている場所の下に新聞紙やブルーシートを敷き、バケツを置きます。バケツは一定量以上に水がたまると周りに跳ねてしまいますが、バケツの中に雑巾や新聞紙などを入れておくと防ぐことができます。

ピンポイントで雨漏りの箇所を特定できる場合は、その箇所に画鋲や虫ピンなどを刺して、そこから糸を垂らします。その下にバケツをおくと、水滴が糸を伝って確実にバケツの中に落ちるようになります。同様に、一箇所だけに穴をあけたポリ袋を雨漏りの箇所にかぶせて固定するのも、同じ効果があります。

 

【窓枠・サッシの雨漏り】

雨漏りの箇所にビニールシート(なければゴミ袋で代用)を敷いて、こまめに雑巾やタオルで水滴を拭き取ってください。雨漏りの箇所より広めにビニールシートを敷いておくと、雨が激しくなった際に床にまで水滴が溢れてしまうことを防げます。

 

【屋根の雨漏り】

屋根の雨漏りの箇所をピンポイントに限定することは、専門知識がない方にはとても難しいです。ビニールシートで広い面積を覆いましょう。風でシートが飛ばないように、土嚢などを重しにしてください。重しが軽すぎると、強い風で重しが飛んで隣家や近くを通る方にぶつかってしまう可能性があります。また、梯子を使っての高所作業は大変危険なので、慣れない方は無理をせず、室内の応急処置だけ行って、速やかに専門業者を呼んでください。

 

そして、応急処置はあくまでもその場しのぎの処置です。できるだけ早く、専門の業者に修理の依頼をしましょう。その際、費用がいくらかかるのかなど、ご不安なことも多いかと思います、まずは、長年板橋区の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへご連絡ください。私たちは、まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。

 

弊社では、ドローンによる無料の屋根調査を行なっています。まずは自分の目でしっかり修理箇所を確認したい、という方にオススメです。

 

テスト運用期間のみなので、気になるという方、具体的に屋根のことで悩みがある方、ぜひ出来るだけ早く弊社へご連絡ください。ドローン調査に至らなかった場合も、ご相談については無料です。

今後はYouTubeにも動画をアップして行きますのでご興味のある方はぜひご覧ください。

お見積もりやご相談は無料です。フリーダイヤルもしくはメールにてお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120ー494ー978

お問合せ https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

お気軽にご連絡ください!

PAGE TOP