屋根修理[梅雨に備えて換気口点検]>足立区

一戸建て住宅で換気口が10個以上付けられている場合があります。
換気が促されるのは良い事ですが、住宅に空ける穴が増えるという事は
雨漏りの可能性が増える事にもなるので、細やかなチェックが必要です。
梅雨時など雨降りが続いた時や台風の時期は、雨水が吹き込んでしまう時もあります。

足立のお客様から雨漏りの相談を受け、さっそく調査に行ってまいりました。
雨漏りの場所はサッシ付近で、雨降りが続いた時に雨漏りするという事でした。
調査の結果、換気口から雨水が侵入していました。
壁内部の配管を伝ってサッシ付近に雨漏りを発生させていたのです。
換気口からの雨漏りは、カバーを取り付けていないか
コーキングの劣化が疑われるケースがあります。

572_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_32b

2年程前に外壁塗装をし、その時にフードカバーを外して塗装後に再び取り付けた時に
ねじ留めをしただけになった可能性があります。その隙間から雨水が侵入していたのです。
2003年に24時間換気が義務付けられてから、新築の住宅には換気口が必ず付けられているので、
このようなケースが増えています。
こんな時は大きめのフードに交換するのもひとつの方法です。
コーキングを施し、以降雨漏りは止まりました。

★ドローンによる屋根調査のご相談もお待ちしております。
※LOVE STYLEでは国土交通省によるドローン飛行許可も取得済みですので安心してお任せください。