雨漏り修理の一環としての防水工事 (1)(港区)

港区のあるマンションの理事会から依頼があり、改修リフォーム工事の
一環として、屋上の防水工事を依頼されました。
前置きが長いのですが、少しお付き合いください。
一般的に防水工事は、「採用する材料・防水層が要求するすべての施工条件を
現場で整えなければならない」というのが現在の基本的な考え方です。しかし、
建築現場は常に自然環境に対応しながら工事を行わなければ
ならないため、採用する材料・防水層が要求するすべての施工条件
を整えることは非常に難しいです。というより不可能だと感じています。
防水工事は、昔のように指定された仕様書通りに防水層をつくれば
よかった時代と異なり、近年では下地、防水層、納まりおよび仕上げ
まで一括して考えなければならないのです。防水層だけが要求品質を
満たしていても防水工事としての性能は確保しがたいのです。
したがって従来の「採用する材料・防水層が要求するすべての施工
条件を現場で整える」という考え方から、「施工現場が抱える問題を優先して、
採用する材料、防水層、工法および仕上げなどを選ぶ」と考えを改めなければ
確かな防水性能は確保できません。一言でいうと「現場調整」という
ことです。そう考えると同様に、防水工事には「絶対的に正しい」
という考え方は無く、「適切」かどうかで判断されると思います。
常に現場の状況に適した方法で対処すべきでしょう。

屋上防水工事