雨漏り修理[陸屋根改修4]>足立区

先日お伺いした足立の陸屋根住宅の改修工事です。
屋根に紫外線や経年による防水層の劣化、屋根の立ち上がり部分や床との取合い部分亀裂が見られ、
陸屋根全体の改修工事を行っていますが、今回は下屋根部分の修繕です。

こちらの陸屋根住宅では玄関にも雨漏りがあり、
雨漏りの心配に加えて玄関先にバケツを常備する不自由な生活をしていた事がうかがえます。
下屋根は玄関の屋根になっている部分で、陸屋根同様に防水層の劣化が見られ、
角部分には水たまりが乾かずにできた黒い跡がついていました。
下屋根は雨が排水されにくい緩勾配に加えて、陸屋根からの汚れや排水も落ちてくるので、
しっかりとした防水と耐久性が必要です。

494_DSCN2390

陸屋根は約10年で防水工事が必要になりますが、
ここ数年は異常気象での猛暑の影響もあり、陸屋根などコンクリートの屋上は
直射日光で想定以上に温度が上がっています。
その影響でコンクリートが膨張と収縮を繰り返し、
防水層にダメージを与えて雨漏りにつながってしまうのです。

定期的な点検と正しい雨仕舞いで雨漏りは未然に防ぐ事ができます。