木造住宅の場合の雨漏り修理(港区)

木造住宅の雨漏り対策は、普段の小さな「気づき」からはじまります。
そのことが一番よくわかる部位の一つは、バルコニーの手すり周りです。

木造住宅手すり

なぜなら部材同士が直交するため防水シートの納まりが複雑になり、雨水が侵入しやすくなるからです。
港区K様の例は、ベランダの手すりを固定した腰壁の上面から雨水が侵入したものです。
長期間にわたって雨水がしみ込んでいたため、腰壁の合板は腐食していました。
雨漏りした原因の一つは、腰壁の上面の途中までしか防水層が施工されていなか
ったことです。手すりを外すと合板が見えていました。手すりや笠木のした
までは雨水が侵入してくると考えるのが一般的です。この場合、防水層を
壁の外側に折り下げて、防水シートに防水シートに重ねるべきだったのです。
防水層と防水シートで連続した面をつくり、壁に雨水が侵入するのを防止する
ためです。そして、もう1点雨漏り箇所が見つかりました。手すりを固定するボルト
が腰壁の上面の木材を貫通していたところです。ボルトの径は10mm前後。
このくらいのボルトをねじ込む場合、下穴を開け、ここに捨てシーリング
材を充填しておいた方が良いのです。ボルトをねじ込んだ際に捨てシーリング
がヌジ山まで入り込んで、ボルト周辺の防水性を確保します。K様の住宅
では、ネジ穴からにじみ出た捨てシーリングは見当たらず施工されていませんでした。
このように施工の小さな省略が雨漏りの原因になることは少なくないのです。