窓周りの雨漏り修理 (3)

一昨日、昨日のブログの続きになります。
サッシの上枠に水が溜まりやすいという問題の対策としては、サッシ
上枠と縦桟の間に10-15mm程度の隙間を設けることが有効です。
この隙間によって雨水がサッシの上枠を移動することで、雨水が
たまることがなくなるからです。また、隙間を設けることで、
防水シート端部の捨てシーリング材を保護することもできるのです。
縦桟をサッシに突き付けて、縦桟をクギで留めるとしてシーリング
がつぶれて切れてしまうからです。また、サッシ縦枠に取り付ける縦
桟も注意が必要なのです。サッシ枠ピッタリに突き付けると、サッシ
と縦桟の周りに雨水が滞留しやすくなるのです。サッシ枠から
20-25mm程度話して、縦桟を取り付けて、水が落ちる隙間を確保
することで解消できるのです。縦桟を離して取り付けることは、
シーリング材を保護することにもなるのです。港区のS様は、
意識の高い方なので、雨漏りの理由や対処方法を質問し
注意深く耳を傾けてらっしゃいました。一度では理解しにくい
ということで、あとでこのブログを読み返し復習しているとのことでした。
このように高い意識を持った方が増えるとうれしいですね。

冬

冬の寒さが一番厳しい時期などで、体調を崩しやすくなりがちです。
皆様もご自愛ください。