雨漏り対策 防水シートに注目! 屋根メンテナンス 【保土ヶ谷区】

防水シート 軒

最近流行している箱型の家。軒ゼロ住宅や、陸屋根住宅など。
軒が出ている住宅に比べると、どうしても雨漏りが発生しやすいです。
そのため屋根まわりをより強化する必要があります。

屋根材に関しては、耐久面では瓦屋根が圧倒的な耐久年数を誇っています。
その点ではスレート屋根や最近人気のガルバリウム屋根は瓦よりも耐久年数が短めになります。
しかし、構造の面ではスレートやガルバリウム屋根よりも、瓦屋根の方が、水が屋根材の下に
入りやすくなっており、その分防水シートが傷みやすく、メンテナンスのサイクルが短くなる傾向にあります。

屋根は屋根材と防水シートの二重構造で雨漏りを防いでいます。

屋根から雨水が侵入しても、屋根材の下に敷かれている防水シートが雨水の侵入を防いでいます。
屋根材が劣化しなくても、防水シートが劣化すれば雨漏りをしてしまいますので、防水シートの
メンテナンスのタイミングで、一緒に屋根もメンテナンスしなければなりません。

屋根材の耐久年数は瓦やスレート、ガルバリウム鋼板も含めると15年から100年。
しかしその下で雨漏りを防いでいる防水シートは20年程度。
どの屋根材を選んでも15~20年前後でメンテナンスが必須になるということです。

遅くとも20年を経過したら、屋根材を剥がして、防水シートを張り替えなければならないのです。

できるだけ雨漏防止効果を長持ちしてほしいという方は、少し高額な防水シートを貼ってもらいましょう。
高級防水シートの中には耐久年数30年を超えるものもありますので、詳しくは専門家にご確認ください。

雨漏り対策お手伝いいたします。
気になる方は下記までお気軽にお問合せください。
フリーダイヤル0120-494-978

PAGE TOP