防水層の劣化で雨漏り修理(杉並区)

杉並区のG様は、鉄筋コンクリート造の築13年のマンションの最上階に住んで
おられます。先日雨漏りがするという連絡が入ったので、現地に行ってきました。
屋上へのぼってみると、銅板葺き屋根の雨水がアスファルト防水面
に流れ込む設計になっていました。それでアスファルト防水面の下の
部屋であるG様のお宅に雨漏りが生じたようです。

防水層劣化

アスファルト防水層が劣化し、ひび割れやふくれを生じたことが原因のよう
でした。防水層を撤去するのが望ましいのですが、防水層の端末が
銅板葺きの屋根の下まで重なる納まりになっているため、銅板も撤去
しなければなりません。銅板は屋根の流れ方向に葺いているので、
すべて撤去することになってしまい、それでは予算がかかりすぎて
マンションの理事会の承認は得られないということでした。
そこで、既存パラペット笠木と台木を撤去した後、既存防水層の破損部やふくれを
補修し、アスファルト防水層を2層増し張りをしてトップコートを塗布、
屋根は話の防水層端部をシーリングとアルミ押さえ金物で納めて立ち上がりに
アルミ押さえを取り付ける、そして笠木と台木を取り付ける、
という方法を提案させていただきました。銅板の下の立ち上がりは5cm
程度しかなく、押さえモルタルのため強度も十分でありません。
銅板の耐用年数はアスファルトルーフィングに比べて長いので、マンション
の設計者は、あらかじめ改修を考慮した設計をしていただきたいです。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP