屋根修理[庇の勾配編]>新宿区I様邸

新宿にお住まいのI様邸の玄関に雨漏りが発生したと連絡を受けて、
さっそく調査に伺い現場を見させていただきました。
玄関上の庇は勾配が緩い「緩勾配」のために、水がうまく流れずにサビが発生していました。
野地板の腐食や釘のサビも見られます。

屋根の角度はそれぞれの住宅により「急勾配・並勾配・緩勾配」があり、
並勾配は雨漏りのリスクも少なく、選べる屋根材の種類も多い事から、一般的に多く使われています。
緩勾配は雨が排水されにくい事から、急勾配・並勾配と比べて雨漏りのリスクが高まります。
ただ雪国では、風の影響が少なく落雪を防ぐ事ができる緩勾配の屋根が多く採用されています。

急勾配は、急な傾斜という見た目からも分かるように、屋根の汚れが流れ落ちるので、
耐久性が高くなり、雨漏りのリスクが少なくなります。
その分、施工の足場が必要になる事や、屋根面積が広くなる事からコストが高くなります。
その特徴的な形から、デザイン性で急勾配を選択する事もあります。

351_CIMG0676

I様邸では庇の勾配をとった後、腐食していた野地板を交換、ガルバリウム鋼板で施工します。
これでもう玄関に雨漏りの心配はありません。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP