雨漏り修理[サッシ編]>中野区O様邸

「1階の室内窓枠から水が落ちてきて困っています」とのご連絡を受け、
調査にうかがい、修理させていただく事になりました。
サッシメーカーに連絡してサッシの不具合を見てもらった所、問題なかったという事です。

見てみると、外壁に確認できる亀裂や隙間などはありません。
近くには換気口も見当たりません。
同じ位置の2階部分には窓が無いので、そこからの浸水ではなさそうです。
外壁と窓のつなぎ目も劣化は見受けられません。

331

原因は窓上部に付いているシャッターボックス内に入った雨水でした。
防水テープが浮いていて、そこからの浸水です。
劣化でテープの粘着が弱くなっていました。

窓枠からの雨漏りの場合、サッシの不具合を疑いますが、浸水はそこからとは限りません。
O様の場合、窓枠のコーキングをやり直した方がいいと
サッシメーカーからアドバイスされたそうですが、
雨漏りの原因が分からないままのコーキングは、一時しのぎなので避けた方がいいです。
2度手間や調査の邪魔になってしまうなど、まったく意味がない出費になってしまう場合もあります。
まずはどこから浸水しているのか、原因をひとつひとつ探していく必要があります。