外壁塗装剥がれ放置は雨漏り・崩壊・費用拡大に繋がる可能性!!《所沢市》

外壁塗装はがれ放置すると外壁あら雨漏りします外壁塗装は、ただの劣化だと思っている方も多くいらっしゃるかと思います。
しかし、放置すると大惨事につながることもあるのです。
新築から10年ぐらいしたら外壁の塗替えをしたほうが良い!と、一般的に言われています。
費用やら忘れがちなど理由は様々ですが、実際には15年以上何もせずに放置しているお宅も多いのは事実です。
劣化が進んでいなければそれでも問題ありません。
劣化しているにも関わらず何もせずに放置していると。。。建物全体に影響を与えることになりますcat_6.gif

塗装の剥がれは人間でいうとキズです。
それを放置してしまうと見えないところで劣化が進んでしまいます。
内部への水の侵入は見えないところ進行してしているのです。
更に、土台にまで水が行き付いてしまうと・・・建物本体が危険な状態に陥り始めます。

そこまで進行してしまうと、費用も数倍にまで膨らんでしまい大変なことになってしまうのです。

そうなる前に台風も多い時期、メンテナンスや被害防止は重要です。