屋根修理[野地板の腐食編]>新宿区H様邸

新宿にお住まいのH様より雨漏りに困っているとご相談がありました。
H様邸では、1階リビングの天井の照明器具あたりから雨漏りがあります。

屋根の上に上がらせていただき調査した所、屋根の一部がブカブカに浮いています。
その部分を剥がしてみると、水分を含んだ野地板がボロボロに腐食していました。
瓦の重みに耐えられなくなったベニアの野地板が、年月とともに序所に沈んでいき、
一部分だけが特に沈んでしまった結果、雨漏りが発生していました。

この状態から見ると、長い年月をかけてゆっくり漏水していたようなので、
築20年以上が経過している事を考えて、一部改修よりも、野地板、屋根材を交換して
全面的に葺き替えされた方がいいと思います。
小屋裏に入ってみると断熱材も少なくなっていました。
H様と打合せの結果、全面葺き替えさせていただく事になりました。

328_DSCN1012

屋根の一部だけがブカブカ浮くような場合、雨水が侵入して中の野地板が腐食しています。
屋根材が水分を含んでいる状態なので、早急に処置する必要があります。
H様邸は、ちょうど照明器具の上で雨漏りが発生していたので、
改修工事により無事雨漏りも止まり、漏電の心配もなくなったと喜んでいただきました。