トタン屋根の雨漏り修理【板橋区】

大雨や雪などの災害で破損してしまったトタン屋根は、どのように修理すればよいのでしょうか。瓦屋根やストレート屋根とは性質が少々異なります。今回はそこに着目して確認していきましょう。

トタン屋根

トタン屋根が、瓦屋根やストレート屋根と一番異なる点はどのようなところでしょうか?

まずメリットは、トタン屋根は現地でトタン材を板金し貼り付け作業を行うことが出来る、ということです。

そのため、破損した部分が小さければ、その場でその部分だけ新しいトタン材にすることができます。つまり、部分的に修理して費用を抑えることができます。

しかし、トタン材は耐久性が低く錆びやすいというデメリットがあります。破損してしまった場合、思い切ってストレート屋根や瓦屋根に変更することも、長期的に見て維持費を抑える手段の一つです。

 

破損では無く、長年雨風にさらされた経年劣化で錆びてしまった場合の対処法もお伝えいたします。

まず、サビた箇所を金ブラシなどで良く磨いて、発生したサビを落とします。そして、サビ止め剤を塗り、塗料で上塗りを行います。軽い錆であれば、ホームセンターにあるものでご自身で対応することが可能です。

ですが、錆がひどく、穴があるような場合は、一番上でご紹介したように、その部分に新しいトタン材を貼る必要があります。

「トタン瓦棒」という一枚ずつはめ込むタイプのトタン材であれば葺き替えは簡単に行えますが、板が波状になっているタイプの場合は、切り抜いたり広い面積を葺き替えたりしなくてはならないので「トタン瓦棒」よりは割高になる可能性があります。

まずは、長年板橋区の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへぜひご連絡を!私たちは、まず無料診断をして、雨漏りの原因の解明と、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。