軒天からの雨漏り進行に注意!屋根修理メンテナンス《江東区 T様邸》

江東区にお住まいのT様邸に屋根のメンテナンスに行って参りました。
その際、軒天の経年劣化が目立ち確認してみると、外側のべニア板が剥がれており、今にも雨漏りが発生しそうでしたので。T様と相談をし修理。
軒天修理は必要

軒天は、風雨にさらされやすい部分であり、湿気が溜まりやすい部分です。
その為、劣化の進行も早く、塗装が剥がれたり軒天の材料の劣化が起きてしまうのです。

軒天に雨染みが有るときは注意が必要です!
ただの色の違いと思われる方も多いのです。
従って、放置してしまい雨漏りが進行してしまうケースも少なくありません。

また、塗装をしておけば問題ない位に思うようですが、それは間違いです!!
何故かと言うと、雨染みの上に塗装をしてしまうと、雨染みでもろくなってしまった軒天材を塗膜が引っ張ってしまうからです・・・
見た目は綺麗に見えたとしても、実際は軒天に凹凸が出来てしまうのです。

ご自身でのチェックポイントは、軒天廻りの木材の劣化状態がどうなっているかです。
雨染みが出来ているという事は・・・野地板等も影響が出ている可能性が有るからです。
それを放置してしまうと、雨漏りはどんどん進行してしまい外壁すら劣化させてしまい、建物自体が劣化してしまう危険性が有り得ます。

台風も多い時期、メンテナンスや被害防止は重要です。