屋根修理[瓦のズレ編]>新宿区K様邸

築21年のK様邸は、今まで住宅のメンテナンスをした事がなかったそうですが、
ここへ来て初めて雨漏りしたという事で調査。

瓦屋根の一部が破損しており、そこからの雨漏りと特定しました。
瓦が割れてズレた事によって、今まで雨水を防いでいた防水シートがむき出しになり、
最近多く発生している台風などの強風で雨水が逆流して、雨漏りが発生していたのです。
瓦屋根は破損している所だけを改修しても、また数年経つと同じ所から雨漏りが発生してしまいます。
雨漏りしている場所を取り囲む棟も取り替えて雨漏りは止まりました。

PENTAX DIGITAL CAMERA

K様は今まで幸運な事に雨漏りを1度も経験する事なく、21年間メンテナンス無しで過ごしてきました。
その分、突然の雨漏りが本当にショックだったと言います。
雨が降り始めると天井を何分も見続けたり、小屋裏をチェックするために何回も顔を突っ込んだり、
知らず知らずのうちに神経質になってしまったという事でした。
K様と同じく、雨漏りがお客様にストレスを与えるという話を何回も聞いてきました。
私たちは雨漏りの原因を細かく突き止め、どんな可能性も見逃しません。
雨漏りの原因になる屋根はもちろん、板金やサッシ、大工など専門とするスタッフと連携して
お客様のストレスとなる雨漏りを必ず止めます。