カビ発生で雨漏り修理>中野区S様邸

少量の雨漏りでは、晴天が続くと自然に乾くという事を繰り返し
雨水の侵入に気づかない場合があります。
中野のS様邸でも雨水侵入の発見が遅くなり、気付いた時には押入れにカビが発生していました。

カビは温度と湿度に加えて、アカや食べカスがある場所に特に多く
この条件が揃えば、どこにでも発生します。
お風呂、キッチンだけでなく、雨漏り後の木材や壁紙は特に発生しやすい条件が揃っています。
見た目の汚れだけでなく、アレルギーや鼻炎を引き起こし、人体にも影響があります。
更にシロアリを呼び寄せる事もあります。

317

雨天の時は洗濯物を室内に干す方も多いと思いますが
室内干しは、部屋の湿度が10%上がると言われています。
そうなるともう、カビ発生の好条件が揃ってしまいます。
換気扇や扇風機を回したり、エアコンのドライモードを活用するなど、
少しでも湿度を下げる工夫が必要です。

雨漏り後にカビが発生してしまった壁紙は、殺菌、防カビ処理と張り替えの必要があります。
たくさん荷物が詰まった押入れや壁紙の裏など、普段は見えない所でカビ菌が増え続ければ、
臭いになって現れた時までカビに気づかない事がほとんどです。
そうなる前に、水漏れ跡を発見したら放置せず早めに雨漏り修繕しましょう。