棟からの雨漏り修理《調布市 Y様邸》

棟の必要性調布市にお住まいのY様邸にこれからの時期雨漏りがすると心配だとご依頼を受け、メンテナンスを含め調査。

早速屋根の上を確認をしたところ、棟の部分が経年劣化によりもろくなっており雨水が浸入してきておりました。
棟(むね)とは戸建て住宅屋根の最も高い位置に取り付ける部材のことです。
また、スレート瓦や金属屋根で用いる棟は金属製であるため「棟板金」とも呼ばれております。
今回は屋根に直接的な悪影響はありませんでしたが、このまま放置をすると雨漏りにつながる可能性が高いのでご依頼主様とご相談した結果、今回はメンテナンスも含めて棟の取り換え工事を行いましたicon_smile.gif

メンテナンスの時期は、大体目安が有ります。
亜鉛メッキ鋼板製の棟板金の耐用年数は約15年~25年です。

不具合が発生すると・・・・
1・釘が浮く
2・棟板金が浮く
3・風で煽られ取れ始める、音が鳴る
4・最悪棟板金が飛ばされる

事故を拡大させないためにも、定期的なメンテナンスは必要であり重要です。
棟板金が飛ばされる事故は毎年多くあります。
これからの時期、梅雨や台風がやってきます。

早め早めの対応をお忘れずに!!