結露なのか?雨漏りなのか? -1-(八王子市)

八王子市のO様より、フローリングが変色したので雨漏りでは
ないかと相談を受けました。周辺を見てみると、そのフローリング
がある部屋は開放廊下側にあり、直貼りの床でした。雨漏り
していると思しき箇所は外壁のサッシ回りであるのではないかと
推測しました。O様からは、最近住戸内に結露が多いという話を
うかがっております。外部側の開放廊下はほとんど雨が吹き込
まない形状なのですが、まず散水調査を行って外部からの雨漏り
の有無を調べることにしました。調査に併せて内装材の解体調査
も行いました。解体時のフローリングの状況を確認すると、
フローリングの背面にカビが付着しており、何かしら水の
影響を受けていることを確認しました。散水調査をやってみると
水の侵入は見られず、雨漏りではないことが確認できました。
次にサッシの結露受けについて調査いたしました。水受けに
水を流すと、水抜き穴が詰まっていました。O様に確認したところ、
「冬場は、冷たい外気が吹き込んで寒いのでふさいでいる」
とのことでした。水抜き穴を完全にふさぎ、水をためると、
ある程度の水位に達した段階で床に水がまわることが確認
できました。

フローリングの変色

サッシの縦枠と水受けの取り合い部から、少量ではありますが
水が漏れていることも確認できました。これが床のフローリング
を濡らしていた原因の一つとして考えられました。
追跡調査としてサッシ回りの木枠を解体すると、水受け周辺の
木枠に著しくカビが付着していました。水抜き穴をふさいでいたため
水受けからあふれた結露水が、水受けと木枠の隙間から床に
流れていたのです。