屋根リフォームで雨漏り対策>中野区R様邸

R様邸では屋根リフォームを検討中という事でご相談をいただきました。
屋根リフォームの方法は主に3種類あります。

115_CIMG0595

[塗り替え]
屋根材によって塗り替えが必要になります。
粘土瓦は色落ちしないので塗り替えの必要はありません。
既存屋根を高圧洗浄して、下塗りと仕上げ塗りを行うため、廃材も出ず費用も抑えられます。

[カバー工法]
防水材や野地板の劣化が無い場合は、そのまま既存屋根の上から新しい屋根材を被せる方法です。
撤去費用を抑えられるメリットがあります。

[葺き替え]
防水材や野地板などの下葺き材が劣化している場合、既存の屋根材を撤去して
新しい屋根材で葺き替えます。
耐震を考えて、重い瓦屋根を軽い屋根材にしたい時などは、葺き替えとなります。

R様にお話を伺うと、現在雨漏りなどの不具合はないのですが、
ゆくゆくは息子さんにに建物を譲り渡したいという事と、築年数が経っている事を考慮して、
現在のセメント瓦から、ガルバリウム鋼板に葺き替える事を決められました。
将来的に建物をどうするかという事を考えて、屋根リフォームする事が大切ですね。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。