野地板の腐食で屋根修理>新宿区K様邸

新宿で雨漏りがあると相談いただいたK様邸の屋根修理を行ってきました。
屋根を調べた時、沈む所が1カ所ありました。既存の屋根を撤去してみると、
屋根材の下の防水紙はボロボロで、野地板も腐食していました。

114_DSCN0972

屋根材が乗っていると分からない事もありますが、
踏んで沈むとなると、このように木材が腐食している事がほとんどです。
雨漏りも、このすぐ真下の天井からでした。
腐食の範囲も幸いこの一角だけだったので、部分的な改修工事でおさまりました。

K様邸では1年ほど前に屋根塗装をしたそうですが、
その時の塗装業者さんが、この野地板の腐食に気づかずに塗装したため、
1年前と今回の、二重に費用がかかってしまう結果になりました。
表面は綺麗になっていたので、まさか屋根から雨漏りが?とK様も驚かれていました。
屋根の状態をよく調べてから塗装をしていたら、改修と塗装を一度にできるので、
やはり屋根の専門家に相談する事が大切です。
K様から、また次に修理や塗装する事になったら是非お願いします、と嬉しいお言葉をいただきました。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。