セメント瓦の雨漏り(大田区)

先日、大田区にお住まいのU様よりセメント瓦の吹き替えご依頼をいただきました。セメント瓦とは、その名の通り、セメントで作られた瓦のことです。日本瓦と一見すると似ていますが、日本瓦に比べると多くのデメリットをもっていて、現在の新築にはほぼ使用されていません。

セメント瓦

セメント瓦が普及したのは30~40年ほど前で、初期費用が日本瓦に比べると安い事から広く使用されていました。見た目は日本瓦と似ていますが、セメント瓦は角が角ばっていて、全体的に光沢が無くマットな質感で、重量感のあるずっしりとした特徴があります。耐久性も日本瓦が60~100年に対し、セメント瓦は30年と非常に短く、メンテナンスも必要とされています。

また、セメント瓦には大きな問題があり、古いものになるとアスベストという成分が含まれている場合があります。アスベストは、一時期ニュースなどでよく聞いた言葉かもしれません。体に悪影響を及ぼすと言われ、あまりいい印象ではないですよね。

また、耐久性が低いため、ヒビや欠けた部分から雨水が侵入し、雨漏りの原因となることや、重量があるため、屋根自体に負荷がかかりすぎて、家全体を痛めてしまうなどの理由から、セメント瓦のお家には、吹替えをおすすめするようにしています。

ご予算やご希望はもちろん、現状のお家に最適な提案をいたします。