雨漏り原因は陸屋根>中野区C様邸

陸屋根からの雨漏り改修工事を行ったので、ご紹介したいと思います。
平たい屋根という構造上、勾配のある屋根に比べるとどうしても水はけが悪く、
雨漏りの原因にたびたび上がってきます。

数年前から少しずつ雨漏りがあったと、C様よりご相談いただきました。
C様邸は陸屋根の3階建て住宅で、2階廊下の天井に雨漏りによる染みができていました。
屋根に上がってみると防水層のひび、剥がれなどの劣化があちこちに見られます。
雨水の出口(=雨漏りしている2階廊下の天井)は1つでも、
雨水の入り口は1カ所ではない事から、陸屋根を全面的に防水リフォームを施す事になります。

105_DSCN1281

手順としましては、まず高圧洗浄できれいにし、ひびなどの下地補修をします。
絶縁シートを敷き、改修用のドレンを取付けます。
ウレタン防水を塗り、最後にトップコートを塗って終了です。
パラペットなど笠木の板金も改修し、C様邸に長年続いた雨漏りは完全に止まりました。

陸屋根は屋上庭園にしたり、太陽光発電のパネルを設置するのに利用したりと、
様々な利用価値がありますが、常に雨風や紫外線にさらされている事から、
排水防水処理がとても重要になります。
定期点検やメンテナンスをする事で、雨漏り対策になります。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。