バルコニーからの雨漏り(杉並区)

雨漏りの原因としてダントツに多いのは屋根ですが、2階建て以上の家にお住まいの方は、
ベランダやバルコニーからの雨漏りにも少なくないです。
今回は、杉並区のG様からバルコニーから雨漏りしているので来て欲しいと依頼がありました。

バルコニー雨漏り

まずどうしてバルコニーから雨漏りが生じるのかを説明しましょう。まず考えられるのが、
「ドレンの詰まり」です。「ドレン」というのは、ベランダの隅の方にある排水口で、
雨どいに雨水を集める役割をします。普段は気になりませんが、意外とゴミが詰まっていることが
多いです。ゴミが詰まると雨水がたまり、経年劣化により、周辺に亀裂や隙間ができて、そこから雨水が侵入
することがあります。定期的にドレンの清掃を心がけましょう。次に考えられる雨漏りの原因は、
「防水層の劣化」ですね。バルコニー床に用いられるFRP防水は、軽くて丈夫に出来ているものの、
年中紫外線や風雨にさらされ、重い物置を置かれることもあるのでそれなりに劣化が進みます。
剥がれやひび割れを放っておくと、いくいくは雨漏りが生じます。杉並区のG様は防水層の劣化のケースでした。
ただ、FRP防水工事は費用が高価なので、ウレタン防水を既存のFRP防水の上に施工することにしました。
通常はトップコートの塗り替えだけで対応できたのですが、今回は劣化が思いのほか進んでおり、
このような結果になりました。防水層そのものが劣化してしますとどうしても金額が大きくなって
いきます。今回のウレタン防水の再防水工事は10年を目途に考えておいてくださいと伝えました。