勾配が緩すぎて雨漏りに(世田谷区)

世田谷区のS様から雨漏りするとの連絡がありました。
S様は、いままで不具合を感じなかったのに何故だろうと不思議に思われていました。
早速調べてみると、屋根を葺いている金属板の一部に隙間ができていて、
そこから雨水が浸透したことが分かりました。
剥がしてみると案の定、下地材は消耗しきっておりました。
S様の屋根はとても勾配が緩いのです。

緩い勾配

こういう緩い勾配の屋根は、雨水の滞留時間が長くなるので、どうしても劣化しやすくなります。
早速下地を新しくすることからはじめました。
現状の形状を活かしながら平葺き施工。
勾配も少しつけました。
屋根の勾配は急なものと緩いものとそれぞれ長所、短所があります。
急勾配の長所は、
雨水がすぐ流れるので、屋根が劣化しにくいし、
雨漏りもしにくくなります。
屋根も大きく見えるので見た目も良くなります。
短所は、
屋根の面積が増えるし、工事の際足場が必要になるので、
のでどうしてもコストがかかります。
豪雪地帯で、雪下ろしを冬の間数回することが免れない地域
では、急勾配じゃないかと考える方が多いですが、実は違います。
もう雪下ろしは避けられないということで、
雪かきをする人の安全性を考えて緩い勾配を使用します。
緩い勾配の長所、短所は、急こう配と全く逆になります。