大田区で棟の雨漏り修理

屋根のてっぺんに位置する棟という部分は、
雨漏りの原因になりやすい場所です。
大田区O様邸で雨漏りに困っているとご連絡をいただき調査にうかがいました。
先日の雨降りのあとから天井に雨染みができて不安だというお話でした。
梅雨に入ってしまうと更に状況が悪化してしまう可能性があるので早めに調査を行います。

1684_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4f2

屋根の状態を把握するためにドローンによる屋根全体の点検を行い、
お客様に映像を見ていただくと屋根の棟の傷みが進んでいる事が分かりました。
実際に屋根に上がってみると棟板金の浮きと釘浮きがあり板金の下の笠木が腐食して、
器具で少しつついただけでボロボロと崩れてしまいました。
棟の傷みから雨水が建物内に侵入し、室内の天井に染みを作っていたのです。
棟の劣化は状態によっては釘の打ち増しだけで修復できる事もありますが、
こちらではすでに雨漏りが発生している事を考慮して、
棟板金と下地材の貫板を新しくする事になりました。
普段見えない屋根が思った以上に汚れているとの事で、
屋根塗装も合わせて行う事になりました。
現状の点検を行い、それぞれの建物の状態に適したメンテナンスを
ご提案させていただきますので安心して検討していただければと思います。

★雨漏りや屋根の不具合についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
屋根修理・塗装・葺き替えをご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
熟練の職人による直接施工をご提供させていただきます。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP