杉並区で、カバー工法後の雨漏り -2-

昨日のブログの続きになります。
さらにカバー工法には最大の欠点があります。この欠点は、母屋から差し出して
造られた屋根や庇など、屋根の上に外壁が乗っているような部位でのみ
起こります。サイディングボード張り仕上げの外壁では、下屋根の雨押え板金
の上部に隙間があります。この隙間はサイディングボードと構造合板との間の
通気層であり、雨水がサイディングを越えて浸入した際の出口でもあります。
工事によって新規の雨押えが取り付けられています。工事前は、サイディングの
裏にまわった雨水が、雨押さえとサイディングの隙間から排出され、屋根材の
上を流れて軒桶へと適切に処理されていました。しかし、工事後の納まり
ではサイディングの裏側に入り込んだ雨水が、新規に張られたアスファルト
ルーフィングと新規に葺かれた屋根材の間に入り込むことになります。
新規アスファルトルーフィングがあるので、ダイレクトに雨漏りすることは
ありませんが、雨水が軒桶に到達するまでのスピードが圧倒的に遅くなって
しまいます。万一排出が追い付かなくなってしまうほどの雨水がサイディング
の裏側に浸入した場合は、水切り板金の立ち上がりを越えて雨水が室内に
あふれだしてしまう可能性があります。
しかし、このようなカバー工法による納まりは、決して間違っていないのです。
実際に、屋根メーカーの施工仕様書でも、このような納まりで施工されるように
指示されています。施工者の知識不足、技量不足ではなく、この工法の構造的な
問題なのです。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP