屋根修理[寒暖差対策に棟換気]>中野区

寒さが本格的になり、家の中と外の温度差も感じるようになってきました。
寒暖差は建物にも様々な影響を及ぼします。
冬の寒暖差による結露対策には、換気と除湿が効果的です。
その効果が十分期待できる機能のひとつに『棟換気』があります。

中野より、屋根の葺き替えと共に棟換気についてご相談をいただきました。
お話を伺うと梅雨のジメジメや夏は2階のロフトが蒸し暑く、
冬は結露で悩んでいるという事です。
夏は屋根からの太陽光で天井の温度が上がってしまいます。
冬は暖気が上へ上へと昇るので、2階の天井付近は外との温度差で結露してしまいます。
これによって雨漏りと間違えていたお客様もいらっしゃいます。

802

これを解決するには内部と外部の温度差をなくす事と、換気と除湿が必要です。
『棟換気』とは屋根の棟に穴を開け、そこから熱気と湿気を出すシステムの事です。
屋根の棟に穴を開けたら雨が入ってくるのでは…と心配される方も多いと思いますが、
特殊な金属製の板なので、空気は通しますが雨を通す心配がありません。
これによって屋根裏の湿度を調整でき、結露によるカビの発生も予防できます。
ジメジメと蒸し暑さ、結露に効果が期待できます。
棟換気は、屋根の形や屋根材によって種類が用意されていますので、
詳しくはお問い合わせください。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。